語学を極めるには、表現力が一番重要です。

世の中には日本語を含む色んな言語が有りますが、語学には表現力という物が有り単語を並べただけでは駄目なのです。

語学を極めるには、表現力が一番重要です。

語学を極めるには、表現力が一番重要です。

この世には、人種の数だけ言語が存在します。
世界共通語として英語が有名です。
人間は、語学を学び対話の術として言葉を喋りますが、言葉には表現力という物が存在します。
同じ言葉でも人間の喋る言葉には、表現力という物が加わり意味合いが若干違う物になります。
例えば日本語には標準語と方言という物が有ります。
標準語は、その名の通り全国一律の言葉です。

しかし方言は各地域に依って存在していますから、同じ日本語でも人に依っては通じない場合が有ります。
また、表記上同じ言葉でもイントネーションの違いで通じない場合も有ります。
同じ日本人でも、住んでいる地域に依って表現力が異なります。
私は、バリバリの方言を使い標準語なんて喋れませんが、最近の子供たちは小学生なんかは、標準語を喋るそうです。
小学校の教諭をしている知人がそう言っておりました。
日本語は、世界的に難しい言語だと言われています。
私は、英語の方がさっぱり分かりませんが。日本語以外の言語でも表現力の違いは有ります。
例えばライト!LRの使い分けという表現力が有ります。

日本語には丁寧に喋る敬語という物が有ります。
英語にも同じような敬語という物が存在するのでしょうか?基本的には、存在しません。方言は有るようですが、日本語のような事細かい物は無いようです。
日本では名前を呼ぶ時は、さん付け、様付け、君付け、殿、色々と有りますが英語は、基本呼び捨てです。
ミスターやミス、ミセスは付きますが名前自体は呼び捨てですね。英語の構造の問題かもしれませんが、そうなっています。
日本人は英語が凄く苦手です。
LとRの発音が特に苦手です。
右を表すライトと明りのライト、日本人が喋れば全く同じライトになります。
これは日本人は、外国人と比べて外国語を話す表現力が未熟だという事になります。
語学を学ぶには、表現力も学ぶ必要が有ります。
特に苦手な外国語では、一筋縄では行きません。まぁ外国の言葉ですから難しいのは当然です。
日本語を日本人以上に喋れる外人さんはいらっしゃいません。それと同じです。
表現力を極めるには、どうしたらよいのでしょうね?何事も慣れでしょうかねぇ。

Copyright (C)2014語学を極めるには、表現力が一番重要です。.All rights reserved.